小さな町が旅する、大きな世界

好きなことは旅と撮影!色んな価値観を持っている人と話し、未来の自分のあり方を探しています。 そんな私の人生を皆さんとシェア出来たらいいなと思い、このブログを作りました!

夢を叶える為、微笑みの国のタイへ

f:id:komachi_h:20171109161140j:image

皆さんこんにちは(*´∀`*)

旅行大好きKomachiです!

 

今回の記事は、映画『塔の上のラプンツェル』や世界一幻想的なお祭りなどで名が高い、タイのコムローイ祭り、又の名をイーペンランナーインターナショナルを観るため、1人でタイのチェンマイまで行ったお話をご紹介したいと思います(´∀`*)

 

 

 

まず関西空港から香港航空にて、ワイルドスピードice breakを観ながら、初の機内食を体験し、20時に乗り換え地点、香港に到着。

f:id:komachi_h:20171109161324j:image

f:id:komachi_h:20171109161408j:image

 

次の出発時刻まで暇だったので、飛行機ウォッチングを楽しんでいました(*⁰▿⁰*)

f:id:komachi_h:20171121173052j:image

写真は私が人生に一度は乗って見たいと思っているほど大好きなエミレーツ航空です(*´꒳`*)

 

 

そして、日本時間の4時半、現地時間2時半にスワンナプーム国際空港に到着(_ _).。o○寝みぃ

この日は空港泊!

次の飛行機まで仮眠をしました。

空港泊なんて初めてだったので、18歳の女ひとりで荷物を死守しながら寝るのには結構勇気が要りました(。-∀-)

 

まぁ何事もなく寝れ(ビビり過ぎと、寝心地の悪さで2時間しかなかったけど)起床し、少し外の空気を吸いに行くと、めっちゃ綺麗な朝日を見るかが出来ました(*⁰▿⁰*)

f:id:komachi_h:20171109161459j:image

早く起きてしまったので暇な時間は空港内観光。

 

f:id:komachi_h:20171109161512j:imagef:id:komachi_h:20171109161527j:image

チェックインカウンターの場所に鬼?の銅像がドーンと立っていました!

 

 

やっとの事で、ベトジェットエアにて目的地チェンマイに到着

f:id:komachi_h:20171122093538j:image

機内では何度もイヤフォンを外すように注意を受けました( ;∀;)

しかし、付けてないと気圧の変化に耳が耐えきれん!と、言う事で必死で隠しながら付けてましたww

もちろん、付けてるだけです( ̄▽ ̄)

 

 

空港を出るなり、現地ツアーに応募していたので、集合場所のホテルまで行き、ツアー会社のバスに乗り会場まで行きました

 f:id:komachi_h:20171122093801j:image

そして、バスの内装がなんか高級((;゚Д゚))))

 

 

 

会場となるメージョー大学までは、市内から約1時間ほど!

バスの中が、全員日本人だったこともあり、安心したのか会場まで爆睡( ̄▽ ̄)

 

 

 

そして、気になる会場はこんな感じ!

中はとても綺麗でした♪♪

f:id:komachi_h:20171109161612j:image

f:id:komachi_h:20171109161632j:image

あと、チケットもこんな感じで、それぞれに座席番号とギフト券が一枚、会場で食べれるフード券が五枚付いてました。 

 

会場に着いたのが15時ごろ、チェンマイに着いてご飯を食べる間のなくここまできたのでお腹がぺこぺこ!

 

早速、会場内の散策と食べ歩きを開始(*´꒳`*)

まず、最初にフード券を使って食べたのがバナナ揚げ

f:id:komachi_h:20171109161729j:image

ウマッッッ!!!!

これが本当においしくて、バナナの甘味が最高に引き立っていました(*⁰▿⁰*)

 

 


次にフード券を使って食べたのが、カノムクロック
見た目と食感はたこ焼きですが、味付けが砂糖だったのか

f:id:komachi_h:20171109161738j:image

  

超甘ぇ、、、

 

大阪出身の私のお口には、少し合いませんでした。別に食べれないわけじゃないけどなんか、裏切られた気分ww

 

 

お次は、カノムブアン
会場の表示紙には、カノムブーンって書いてたけど、基本的に使われているのがブアンなので、ブアンと言っておきます。
そしてこちらは無料。フード券無しで食べることが出来ました(*´꒳`*)

f:id:komachi_h:20171109161747j:image

 

お味の方は、薄くて固いせんべいにメレンゲが挟んでる感じ。

作ってるところも目の前で見れるので、待ち時間も楽しく待って置けました♪( ´▽`)

 

 

 

そして、タイに来たら欠かせない、パッタイです!
こちらはフード券を使いました。

f:id:komachi_h:20171109161801j:image

 

雰囲気的に言えば焼きそばです。細かく言うと、麺の固さが焼きそばとうどんの間です。

 

これもなかなか美味しくて気に入りました( ´ ▽ ` )

 

 

そして嬉しいことに、飲み物も無料!つまり飲み放題(((o(*゚▽゚*)o)))
お水や現地のお茶、あと炭酸の種類が多かったように感じます!

f:id:komachi_h:20171109161809j:image

ちなみに、私は何味か分からない炭酸を選びましたww

 普通に美味しかったよ!何味かわかんなかったけど!(←味覚音痴)

 

お腹も膨れたので、散策開始!

f:id:komachi_h:20171109162003j:image

 

イクラトンを作る体験コーナーなどあり、

 

f:id:komachi_h:20171109162013j:image

 

完成すると、こんな感じ。

バナナの葉っぱやいろんなお花で飾りつけをしていました!

これを、真ん中のロウソクに火を付け川へ流します。

 

 

そして他にも、、

f:id:komachi_h:20171109162117j:image

ランタンだったり

 

 f:id:komachi_h:20171121174246j:image

現地の民族衣裳を着たお姉さんの撮影コーナーだったり、

 

 

f:id:komachi_h:20171109162143j:image

若いのに鶴の恩返しをしている民族がいたり、

いや、偉すぎでしょ!

 

 

 

そんなこんなで、散策を終え、開会式が始まりました。

 

まず初めに現地のおばちゃん達による、 タイでも滅多に見ることが出来ない伝統舞踊でスタート!!!

f:id:komachi_h:20171109162244j:image

 

次に、おばんちゃん、僧侶、VIP客による、右回りのレイ(多分そんな名前だった)

f:id:komachi_h:20171109162258j:image

右回りが終わると、約30分ほどの瞑想タイムが始まります。

まずは日本人用に日本語で、次に英語で、というように瞑想言語的なのを、聞いて実行してリラックスします。

 

そして、最後にロウソクに火を付ける点灯式。

 

f:id:komachi_h:20171109162307j:image

 

2人に1つずつ聖火台が用意されており、現地のスタッフさんが火を付けにまわってきてくれます。

 

f:id:komachi_h:20171109162416j:image

 

そして、何の合図もなしにコムローイへの火付けスタート(≧∇≦)

火付けは、出来れば早くすることを、オススメします。

慣れないことをするとどうしても、失敗しがちです。また、ロウへ火が行き渡るのにも時間が掛かってしまいますが、なによりコムローイを焦がしてしまう人を結構います!

なので出来るだけ2人で協力し合い、早くから火付けを始め、落ち着いて膨らますことをオススメします( ̄^ ̄)

 

f:id:komachi_h:20171109162424j:image

 

まぁ私の場合、普通は2人で火を付ける所を、隣の席の日本人の人が、

日本人「付けてる所、撮りましょうか?」

私「え!いいんですかっ!!」

日本人「全然いいですよ♪」

私「わぁ~ありがとうございます!(何この人、めっちゃええ人やん!)」

 

数分後、、、パシャっパシャパシャっ

日本人「こんな感じで大丈夫ですかね!」

 私「あ、はい、ありがとうございます!」

 

いや、ほぼ私ひとりで膨らませてしもたやん( ̄▽ ̄)

 

 コムローイはちゃんと1つずつ置いてあるので、もう1つの方は良い人と一緒に膨らませました。

 

 

そして、ありがたさと1人で膨らませた達成感に身を包みながらいよいよ、この時がきました!!

 

 

 

スタッフ「カウントはじめま~す!5!4!3!2!1!!!!

 

 

f:id:komachi_h:20171110213212j:image

 

ハッピーコムローイ!!!

 

f:id:komachi_h:20171109161140j:image

 

ぬあぁぁぁぁぁぁああああ!!!!

 

 

f:id:komachi_h:20171110213235j:image

 

まさに、この瞬間、言葉に出来ませんでした。

私はこの日初めて「言葉に出来ない」の意味を深く知り、何を言うようにも、綺麗や美しいじゃ、全く物足りなくて、唯一表現できる言葉は、”夢の世界”ということだけ。

 

 そして、目の前の景色に感情が追いつかなくて、自然と涙が溢れ出てきていました。

 

自分が何年も焦れていた景色、辛い日や楽しい日、嬉しい事や悲しい事、このすべてがあったから今私はここ(チェンマイ)にいる。

 

 

自分の知らない世界は、新しい感情と出会ったり、生きていて良かったと心から思えたり、色々な事を見て、感じ取ることが出来ます。

だから私は、これからも自分の知らない世界を旅したいと思うし、どんなに辛くても、生きていたいと思う。

 

今日はそんな決心をすることが出来た、とても大切な日になりました。

 

 

 

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は、コムローイ祭りの参加方法などを記事にしたいと思いますので、ご興味ある方もない方でも!是非宜しくお願いします。